法令に則り、企業では今やハガキもシール保護が常識=普通になっています。
企業である限り、シール保護同様自動暗号化メールコンプライアンス上からも必要ではないでしょうか。
  (添付ファイルの自動暗号化は必須)
対策を怠ることなく、重大直面や加害者に発展しない対策が急務
大した物は送ってない。→ 現在の社会環境下では最早通用しなくなっています。

あなたの会社はどっち

つい、うっかりのメール誤送信でも安心です。

対策を先送りで怠った結果、経営トップが事後対策に奔走し、社会的信用までも失います。

このような 精神論 だけで『うっかりミス』が無くなるのなら良いのですが。



FileGuard Mail は簡易な暗号化を図ります。
より強度な暗号化を図りたい場合は 強固な暗号化システムと併用するかFileGuard Mail-CE をご利用ください(初期導入費用別途)

Windows/ 98/ 2000/ Me/ XP/ Vista/ 7 / 8

うっかりミスをセキュリティ
@
A
B
メール本文、添付ファイル自動暗号化のFileGuard Mail@AB全てに対応
この効果が賞賛され、お取引先にも強く推奨されています。


BCCで一斉送信すべきなのに間違ってCCで一斉送信してしまった。
こんな誤送信 確実に防げます

セキュリティーソフトで監視しています。社員が漏えいを犯しても摘発できます。
『うっかりミス』には無力です。事後対策で漏えい対策にはなりません。
人が介する限り避けようがない『うっかりミス』でも漏えいしない対策が必要です。
メールならFileGuard Mailが最適です。
暗号化してメール送信
誤送信・ネット上からも漏えいは守れます
郵送・宅配便
一旦、他人の手に渡しています
FAX送信
誤送信や送信先では誰でも見れます



ー 業務管理 ー